猫色の人生〜La vie en Rose = Chat !

゚ ゜゚*★*゚2にゃんと2人の暮らし日記*★*゚ ゜゚

2008年09月

3



今日から急に涼しくなり、東京はすっかり秋・・・。
・・・って言っても、もう明後日から10月ですからね。
当然といえば当然なんですが・・・。
そんな過ごし易くなったつい先日、
ようやく、映画『グーグーだって猫である』
を観てきました。


そもそも、くままま、
こちらでもご紹介させて頂いている通り、
大島弓子さんの『グーグーだって猫である』の大ファン☆
・・・と言うか、小学生の時に初期の作品に出会って依頼、
かれこれ30云年来の大島弓子作品のファンなのです。
その独特の世界観は、哲学書か?と思う程深く、
もう漫画とはいえないのでは・・・と思ってます。
中学生の頃に『綿の国星』の連載がスタートした時には
もう夢中になって読んでました。
あれがそもそも、猫を飼う事を暗示していたのでしょうか?
・・・なーんて☆

そんな訳で、必然的に『グーグーだって猫である』が
本屋さんの店頭に並んであった時は、
「あっ、大島弓子さんの新刊だ!読まなくちゃ!」
と、手に取り、買い求め、読んでおりました。
・・・でも、それはノアが来るもっと前の話。
猫好きでなくとも、楽しく読め、そしてやはり深い。。。。。
猫を飼うって素敵だなぁ、と同時に大変なことだなぁ
と思って読んでました。

そうしたら・・・・・
図らずもその”ねこ”を飼うことになり、
てんやわんやな毎日を送り、
ふと、思い出し、改めて『グーグーだって猫である』を
読んでみたなら・・・目からウロコだったのです。
以前もお伝えした通り、特にアッシュが来てからは
尚の事、バイブル的な愛書でもありました。


原作は一話ごと完結のエッセイ漫画であり、
映画はそれをベースにしつつもオリジナルストーリー
と分かって観ていたので、特別、違和感無く観れました。
おそらく賛否両論あるかもしれませんが・・・。
ま、応々にして
漫画原作の作品は難しいのですから。。。
シンプルに楽しんで参りました♪

思ったより、猫シーンが少なく、
もっとグーグーもサバも見たいな・・・と思いましたが、
ちびっこの頃のグーグーがとにかくかわいかったです☆
(ちょっと、そんな画を意識したアッシュのちびっこ時代を
今回は載せてみました。。。☆)






ただ、ひとつ映画の解釈の中で印象的だったのが、
『猫は人間の3倍のスピードで年をとる。
だから、飼い主が気が付かないうちに、
猫の方が年上になっていく』
と言うことでした。

当然、猫を飼っていれば、
『人間の年に換算すると・・・』
なんて、考えていることなんですが、
どうしても自分の『子供』なので、
『年上』になっていく事が理解しがたいのです。
・・・でも、よくよく考えるとそういう事なんだよな。。。
と、つくづく思ってしまいました。






ノアにもこんなにちびっこ時代がありましたが。。。。。
今、早2才を過ぎ・・・でも、まだ花も恥らう20代中旬。
まだ、くまままよりは年下ですが・・・。
いつか、追い越す日が来るのだなぁ。。。。
と思うと不思議な気持ちになる、秋の夜です☆




そぉなの?










5



アッシュです☆
どうです?ボクのこの身体!
ボディは見事な斑点、
手足と尻尾は縞模様、
そして何より、引き締まった体つき!
だからボクは、素晴らしく早く走る事が出来るんだよ!
・・・ノアちゃんやままと違ってね。。。☆
あっ、ウソウソ・・・うんとね、あのね、えっと。。。。。
お腹のとこだけね、何だかちょっぴりプクッとしてるの!
他はね、ホントね、細くてね、かっこいいんだよ (*0*)!





・・・と、本人も自覚(!?)している通り、
確かにエジプシャンマウは、精悍な体つきで
バランスの取れた身体だな〜と思うのですが、
一つだけ面白い、というか
おまぬけな感じで好きな特徴が、
このお腹のプックリさんです☆






お腹のちょうど白くなっているところ、
後ろ足のすぐ前あたりが、
立っていると、たら〜んとれ下がっていて
ぷらぷらしています (^_^);
(カンガルーのポケット?かと思うくらい・・・)






※・・・あっ、ごめん、アッシュ。
ちょっと短足に写ちゃった。。。(>−<)



このお腹のプックリさん、
どうやらエジプシャンマウの特徴らしく
お肉がついている、とう言う訳ではなく
皮膚が垂れ下がっている状態なのです。

4ヶ月目を過ぎて、
ちょっと猫らしい身体つきになってきたな〜。。。
などと思ってきた頃から、この特徴が出てきました。
最初、触っていて「あれ?」と思った時はびっくり (@0@)!
「・・・なんで、お腹だけこうなの?」と少し慌てましたが。。。
本を見て、「あっ、そうだ!書いてあったわ。。。」
と、うっかり母さんなくまままでした。

今では、このプックリさんに触るのがたまらないっ!
皮膚なので、なんとも、てろ〜んとした感触なのです。
本人もここを触られるのがお好きみたいで、
立っている時に撫で撫ですると、
すぐにドテッと横になって、
「もっと、お腹撫でて☆撫でてっ!」
と催促されます (^−^)♪


ホントに面白い猫種です、エジプシャンマウは。。。☆






あたしのお腹がどうとか言ってなかったっ!!!?

3


なんだか上手く箱に収まってるんだか?微妙ですが・・・
何の箱かと申しますと、
爪とぎの入っている箱でございます☆


猫はとにかく爪とぎをする動物ですが、
『何で研ぐか?』もお好みがあるようで・・・。

ノアがやって来た当初は、何が良いかも分からず、
ご本人のお好みと言うよりも、機能性で
じゅうたんタイプの爪とぎをご用意しておりました。
これだと、コンパクトだし、汚れないよね♪って感じで・・・。
こちらの都合で選ばせて頂きました(¥_¥)

ところが・・・・
全然、使わない(;_;)・・・。
そして、見事、いわゆる『壁研ぎ』をすること、すること・・・。
「あちゃ〜。。。これでは壁がボロボロになってしまう・・・」
これは、本人の意思をやはり尊重せねばっ!
と言うことになり、次に買ってみた素材が、
この『ダンボール』でした☆

これは見事に大当たり!(^0^)V
もうバリバリ研ぎまくりっ!
お陰で、ウチの壁は救われました。
やっぱり、研ぐとダンボールかすが出てしまうのが
玉に傷ですが、そんな横着も言っていられない・・・
もう好きな物で思う存分、研いで頂くしかないのです☆







一方、アッシュ君の好きな素材は・・・・・
これが何と『じゅうたん』タイプ、しかも、
ノアが使わなかった物の”おさがり”が
大のお気に入り・・・(何て睦ましいんだ。。アッシュ!)

ダンボールのと同じくらいの大きさですが、
平たくかさばらず、何よりゴミが出ない・・・。
彼のお気に入りの、キャットタワーの下の
少し奥まっている所に置いているので、
落ち着いてバリバリやってます☆

おそらく、
この『じゅうたん』爪とぎ、
ノアと隔離していた最初の一週間の時に、
一緒にケージに入れていたので、
そのまま気に入って使ってくれているんだと思います。
(・・やっぱり睦ましいぞ!アッシュ!)



可愛いな〜と思うのが、
嬉しくてしょうがない時にする『爪とぎ』。
特に、帰宅した時にノアは、
まず、「おかえり〜」のスリスリをした後に、
この『ダンボール』爪とぎに行き、
「ノア、嬉しくてたまんないの〜!バリバリっ!」
をしてくれます。
すかさず、その背中を撫で撫で☆撫で撫でしてあげると、
これまた、嬉しいらしく、
「ノア、嬉しいの〜、いい子にしてたの〜、
もっと撫でてなの〜!バリバリっ!」
と、ボルテージ急上昇(@0@)!
もう、帰宅後すぐに、
バカ親に変身する瞬間でもあります☆


あと、この『ダンボール』爪とぎの使い方としては、
写真のようにベットにもお使いになります。。。
今では、すっぽり収まるのは、
少し無理かと思われるのですが・・・・・
本人、いたって納まりきっているおつもりで、
そのまま、つい、眠っていたりします。。。。。

ダンボールかす、つけたままで。。。。(>〜<)!





3



今日は秋分の日。
すっかり秋らしくなって、2匹も外を見ながら
なんだかアンニュイ。。。(*−*)

くまままも今日はゆっくり
以前撮った、デジカメの映像を整理していたら。。。
思わぬものを見つけ、感慨にふけってしまいました。



くままま、元・犬派とはいえ、猫も好きだったので
以前は道端で猫に出会うと撫で撫でさせてもらってました。
でも、写真にまで撮る、ということは無かったのですが、
唯一、1匹だけノア達が来る前に写真に撮った猫がいます。
それは。。。。。




                           


このモンちゃんです☆ 




ノアが来るまでは、
くまままとさる君の楽しみは、
年に何回か行く、温泉旅行でした。
行く度に、「ここいいね〜♪また、来よう!」
とか言いながら、いざ今度どこ行く?
となると、毎回違うとこ、新しいとこって感じで
どこのお宿も一度きりだったのですが。。。。
唯一、2度訪れたお宿があります。        

川原湯温泉という、
ちいさな駅を降り立ち、一本道の山道を登っていくと
ちょっと疲れたかな。。。と思った頃に
数件の温泉宿が並ぶ温泉郷の中の一軒です。

そのお宿のこじんまりとした、
風情のある雰囲気も素敵なのですが
その土地の自然のすばらしさも心癒されました。
そして、何より癒されたのが、この『モンちゃん』です。


この『モンちゃん』・・・実は名前は勝手に
くままま達が呼ばせて頂いているだけなのです。
何故かと言うと、この子の居場所は、
駅を降りて、温泉郷に向かう山道の入り口を抜けて
すぐにある民家の前。
『ぶに〜っ』と寝そべって、じーっとこちらを見ながら、
「いらっしゃーい!ご新規さんねー。ぶに〜っ!」
と、歓迎してくれている?その姿は、
温泉郷入り口の『門番』のようなので『モンちゃん』。

その民家の飼い猫?なのか、のらちゃんなのか。。。?
ご覧の通り、ちょっとボテッとしていて、
鼻がちょっと悪いのか鼻水が出てるのですが
その愛嬌のある風貌にすっかりやられてしまいました。
その間、2泊している間に、
町に出るには、毎回そこを通るので、
その都度『モンちゃん』に
「いってきます」、「ただいま戻りました!」
とご挨拶をして行き来していました。


実はその温泉に一回目に行ったきっかけは、
数年すると温泉街全体がダムに沈んでしまう、
と言うことを知ったからでした。
そして、行ってみるととても素敵な場所。
お宿の方とのお話でも
あと何年かしたら転居することなどが出ていました。
何十年もかけて培われたこの自然、
山も木々も、そこにとまる鳥も動物も。。。。。
何年かすると水の中に沈んでしまうのかと思うと
もどかしい気持ちになりました。

そして、『モンちゃん』。
お宿の素晴らしさもあったと思いますが、
多分、この『モンちゃん』が気になって
また、行ったのだと思います。


ほぼ一年位経った頃、
再び温泉郷の入り口に。
のらちゃんかも知れないし、時間も経っている、
『逢えないかもしれないよ』と言うのは理解しつつ
その民家を通ると。。。。。

「いたっ!猫ちゃん!」
とボルテージは一気に上がったのですが。。。
残念ながら、『モンちゃん』ではありませんでした。
やっぱり、ボテッとしてて『門番』みたいに居るのですが
毛の色、大きさとも違う猫でした。

いろんな思いで立っていると、
その民家の中からおじさんが。。。。。
「やばっ怒られるかな?」と思ったら、
とってもいい方で、「猫、すきなの〜?」と
ニコニコ話しかけて下さいました(^−^)
すると、家の中から『モンちゃん』似の毛色の猫が
こっちを覗いている?ではありませんか!
おじさん曰く、飼っているんじゃないけど、
家の前、中で寝るし、ゴハンも食べていくんだよ!
って事らしいです。それって飼っているんじゃ。。。
と、突っ込みたくなるとこですが、
その愛情溢れるコメントは、よく面倒見ているんだな〜と
思わせるものでした。
そして。。。。。
「何年かしてダムが出来る時、どうするんですか?」
と聞いたところ、
「この子達も仕方ない、連れてくさぁ〜!」
と、聞いた時に、
本当にもう一度来て良かったな☆と思いました。




旅は、本当にいい出会いがたくさんあります。
お宿の人に、おじさんに、駅員さんに
温泉街のおすし屋さんの大将に(!?)。。。etc
『モンちゃん』には再会出来なかったけれど、
多分『モンちゃん』2世のちびさんに、
『モンちゃん』2代目で門番をしている子に、
そして、『モンちゃん』も
パトロールに出掛けていたかもしれません。
2匹がウチに居る今、
なかなか出掛けては行けないけれど、
どうか、あの温泉郷が1日でも長くそのままに、
また、訪れて出会えることが出来ますようにと
想いをはせる秋の日でした☆










 








5


                    




モップではありません・・・・(>_<)ノアです!?
キャットタワーのネズミちゃんは、既に飽きたノアですが、
このおもちゃネズミは大のお気に入りです☆





このネズミちゃん、
実はかなりの宇宙人顔。。。(*0*)
目がギョロッとしていて、ちと怖いのですが。。。。。





ノアは、超ー大好き!!!!!
これが出てくると、大興奮で飛びつきます。
長いひもがプラスチックなので、
振るだけで独特の動きをするのと、
この毛のモフモフっとした感じが
どうやらたまらないらしい。。。(^0^)!


そもそもノアが子供の頃は、
おもちゃと言えば”猫じゃらし”しか有りませんでした。
いわゆる、ほんと普通の
短い棒に5〜6cmのモールの毛がついたやつ。。。。。
『子供はこういうシンプルなもので遊ばせるのが一番!
贅沢を覚えさせちゃいかん!』
な〜んて、頑固親父みたいなことを思ってたんですが。。。。。
今年のお正月に、猫用福袋を買ったところ、
いくつかおもちゃが入っていて
その中のひとつが、この白いネズミちゃんでした。
(・・・そもそも”猫用福袋”を買っている時点で
頑固親父も矛盾してますが。。。 (^〜^)!) 


「こうゆう凝ったおもちゃはさ〜、
イマイチ食いつき悪いんじゃない?
・・・そして、すぐに飽きそう。。。!?』
。。。な〜んて、ひねくれた事を言っていたら。。。。。


凄い!もう今までに見たこと無い位、大興奮(@0@)!!!
遊ぶ、というか、狩りをしてるの?
って感じで激しく飛びつく、食いつく、走り回る!!!!!
あんまり嬉しそうに遊ぶので、
頑固親父、反省の巻(−_−)でした☆
(しかも、半年以上たった今もブレイク中!?)


一方、アッシュ君、
もちろん、このネズミちゃんも大好きですが、
より食いつきがいいのがコレ。。。。。



長〜いゼブラ柄のひもで
毛先がほうき状に分かれているおもちゃ☆
(やはり、福袋に入っていたシロモノ☆)


もうこれを出した瞬間に。。。。。




じっとその先を見据えては。。。。。





キャッチっ〜!!!!!(^0^)

そのジャンプ力といったら凄いこと!
アッシュはやっぱり、
単純なおもちゃの方がお好みのようです。



いずれのおもちゃで遊んでいても
いつも感じることが・・・。
おもちゃを出すと、
2匹とも同時に夢中で遊び出しますが
アッシュが特に夢中になりだすと、
ノアはいったん引いて手を出しません。
おそらく弟に気を使って、
先に遊ばせているんだな〜(^−^)
という感じです。
そして、アッシュがバテ始めると
その時を狙って、すかさずカットインしてきます。
最後には2匹で「はぁ〜はぁ〜」言うまで
遊びまくっておりますが。。。。。(@−@)


優しいお姉ちゃんで良かったね、アッシュ☆





「コレ、イマイチだから。。。(‘_‘)!」:ノア☆


















blogram投票ボタン

このページのトップヘ