猫色の人生〜La vie en Rose = Chat !

゚ ゜゚*★*゚2にゃんと2人の暮らし日記*★*゚ ゜゚

2011年03月




3月29日は
3年前にアッシュがウチにやって来た日です



ウチの店のオープンが4月1日なので
(エイプリルフールってとこがまた、らしいんですけどね〜笑)
ついつい、バタバタして忘れがちなんですが。。。。。



今年は・・・何だか落ち着いて、覚えてました



3年前のこの日、
あの千葉のムツゴロウ王国で出逢った日、
まさか、こんなことになるとは思わなかったけど。。。。。

今年は尚のこと、
『ウチの子になってくれてありがとう』
と思った日でした。



癒してもらうだけじゃなく、
支えてもらってる大切な家族。
来年もノアちゃんとぱぱと一緒に過ごそうね






ア:「ボクはオトコとして立派に支えましゅっ!」




・・・うん、
アッシュくん、なかなか頼もしいお顔だよ〜!



でも、
記念日ゴハンの後は。。。。。




ア:「・・・むにゃむにゃ・・・もう、食べれましぇん・・・Zzzzzz」





・・・やっぱり、
いつものパターンでございました (*゚▽゚*)







       にほんブログ村 猫ブログへ
いつも応援ありがとうございます






今朝のノンキーズ、
久々に仲良く並んで暖をとってます




・・・今だから言えるんですが、
実は、アッシュくん、
昨日まで、ずっと食欲が無く、ぐったりしてました


特に大きな余震があると、
誰よりも先に気付き、固まって動けず、心臓バクバク・・・・・。
とにかく、ワタシの膝の上から動こうとせず
そのまま何時間もぐったりと寝たり起きたり・・・。

で、
ついには、猫のくせに一回も吐いたことがないのに
(これもこれでびっくりですが!
急に「ぴゃーぴゃー」鳴いたかと思うと
苦しそうに胃液を・・・初めて吐きました


・・・完全にストレスかと。
とにかく出来る限り側にいてあげました。



そのうち、
昨日くらいから余震もさほど大きいのが無くなったのを機に
ゴハンも前のように自分で普段の量が食べられるようになり
(食べない時は手からちょっとずつあげてた)
ノアと追いかけっこして、途端に元気に!

あ〜〜〜〜〜良かったぁ〜〜〜! (*´∇`*)



そりゃ、
ニンゲンでも今までの余震は怖かったもんね、
アッシュにしてみたら、何が何だかわかんないしね・・・。




・・・と、
ノアちゃんですか?
ノアちゃんは。。。。。

地震後、1〜2日はビクついてましたが、
その後はぜーんぜーん平気。
余震がくると「あれ?」と宙を見ますが、
揺れが収まるまでじっとし、そのまま・・・また寝ます。


さすがのノア様・・・・・。
やっぱり、そうお呼びすることにいたします(笑)





にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
   
いつも応援ありがとうございます




ハート猫にゃ!





いろんなことを
きちんと「覚悟」出来て、
そして、前向きに生きていくことを決められた10日間でした




地震後すぐに想像し得た経済不安、
そして、その後すぐに出てきた原発問題、
外資系の顧客さまが多いため、
比較的早い段階でいろんな情報が入り
正直、一時期パニックになったわたし達でしたが・・・。




今は大丈夫です (⌒-⌒)





これを機に、ぱぱとトコトンいろんなことを話し合い、
自分達はどう生きていこうかと・・・はっきり、腹くくりました(笑)

ニンゲン、
「覚悟」が出来ると
今、どうしようか、その先どうしようかってのが
迷いにくくなるもんです。

大体、
長い人生、今までにも「覚悟」することいっぱい、
ま、
今回のは一番おっきいかもしれないけど、
自分たちで決めたことには後悔はないかな〜。

こんなことでもなきゃ、
真面目に話し合う事なかったかも・・・?(笑)






東京の街はまだまだ・・・普通じゃありません。

スーパーもコンビニもスカスカの棚、
都心の夜は真っ暗、
臨時休業の物販店や飲食店、街中から消えた人々、
電車の運行もままならず、
いつ何時また、帰宅難民になるやかも知れぬ不安・・・。
そして・・・都内から居なくなった欧米人。




それもこれも、みんな口には出さないけれど・・・原発が怖いから。
加えて計画停電による節電の街の暗さや不便さ、
自粛ムードにもダメージを受けて参ってしまっている状態。





大体。。。。。
その原発、
そもそも人間にとってオーバーテクノロジーなんでしょうね。

イラ菅が視察しなきゃ良かったのに!とか、
東電、一発目から海水入れとけよ!とか、
いろいろ文句言いたいことはありますが ( ̄‥ ̄)=3
・・・そもそも、ヒトにハンドリング出来るシロモノだったのかな?って。
(特に先日、スタジオジブリの番組見て思った)



で、
その情報も、
政府が情報規制してるとか隠ぺいしてるとかいろいろ言われてますが、
・・・単に分かんないんでしょうね。
今後どうなるか・・・だって誰も今まで経験してないんだもん。




なので、
政府や東電の会見は、
NHKやテレ朝やらフジやらCNNやらロイターやら(すげー混ぜこぜ!)の
他のニュースソースと同じと考え、
その他の情報も合わせ、集めたものを自分達で(己れの責任で)判断して
「今、どんな感じだと思う?」って吟味してます。

・・・って、
一番いいのは、
「そんな取り越し苦労もあったね」って話せますよーに!と。



その上で、
とにかく今まで通りになるべく進んでいくこと!
・・・もう、それ頑張るしかないでしょう、と思ってます。



節電や配慮した行動を保ちながらも
やっぱり東京が頑張って経済活動をしていかないと
被災地の復興、日本の復興出来ないでしょう!って。




ウチも正直、愕然と売上落ちてるので(^^;)
義援金をお送りするにも、ほんとに少々かもしれないけれど、
とにかく店開けて頑張って、
今まで東京の電力をまかなってくださった方々へ
お返ししていかないと・・・って。


被災地で復興に向けて強くたくましく
前に向かって進んでいる被災者の方の姿を見る度に、
こちらの方が勇気づけられること、しばしば!



「この国難を自分達が救わなくてどうする!」
と志高くプライドを持って
危険な任務に付かれている自衛隊や消防庁の方々、
トップとは違い「自分たちの責務」と重く考え
原子力発電所の復旧に力を尽くされている現場の東電社員、
及び関係各社の方々・・・頼もしく心強く、本当に感謝します。





そして・・・有難いのは人の縁、
お店を開けてもお客様は来ないんじゃ?と思っていたら。。。

常連さんが
「お店、大丈夫だった〜?」と、
皆さんだって大変な中、心配して来てくださり。。。


お客様も様々な忸怩たる思いがありながらも
「僕らが経済活動して景気回復しないでどうする!」
(↑実際、いろんなテーブルから聞こえてきた声!)
と頼もしい声に勇気づけられた!



「お店やっててヨカッタよ〜!」
・・・・・なんて言ってもらえると本当に嬉しい



不安な中、頑張ってお仕事している方々に
温かい美味しいものでお腹いっぱいになってもらわなきゃ!
って思う日々。





・・・って、
強そうなコト書きつつも、
まだまだ続く余震の度に不安になることもありますが。。。。。



ノンキーズの温かさに触れる度に
心穏やかになれる自分がいます。


この子たちが一緒に居てくれる限り、
がんばろう!・・・って思う今日この頃です







※今日も(笑)長くなりました!
  次の記事からは出来るだけ節電しつつ、
  いつものノンキーズ満載でUPしま〜す






にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
   
いつも応援ありがとうございます



手を合わせてみんにゃで頑張ろうにゃ!




まだまだ余震が始まるとビクッとしている2にゃん、
特にアッシュはまだまだリカバリーの途中ですが、
ノアちゃんはさすが姐さん、
普段通りに戻りつつあります



わたし達もだいぶ落ち着いてきて、
いろんなことを二人で話し合いました。


一日も早い復興を願って、
自分たちが『今、出来ること』って何かな?・・・って考えてみたのです。




結果、
お店の売り上げの一部を被災に遭われた方々への
義援金としてお送りすることにしました。

・・・と、
わたし達自身もそんなに裕福なわけではないので
ほんのささやかな額かもしれないけれど、
一枚でも暖まる毛布に。。。。。
ひと時でもホッとできる食事に。。。。。
そんな思いに変わってもらえたらいいな・・・って思ったのです。



何より売り上げの一部を義援金に充てることで、
「募金したいけれど、どうしたらいいんだろう?」
って思っているお客様の思いも一緒に届けれるような気がして。


大体、わたし達が個人的に募金しても
それはお客様から頂戴した売り上げの中から。
ならば、きちんと
『お客様から頂戴したお代を、このように使わせていただきますね』と、
お伝えした方がいいよね、って。


同時にお店のカウンターに募金箱を設置して
そちらも一緒に義援金として送ることにしました。




せっかくお店をやっているのだから、
こうした時こそ、何か発信していけたらなって・・・




ちいさなちいさな一歩ですが、

復興までみんなで力を合わせて頑張っていきたいですね!





※尚、節電に協力すべく
 ブログの更新はしばらくお休みいたします

 (・・・いや、いつも更新頻度低いですけどね〜!笑)





にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
   
いつも応援ありがとうございます


東北地方太平洋沖地震


昨日の午後2時46分、
突然の発生でした・・・・・。



まずは、
皆さま、大丈夫でしょうか?
ご無事でおられることを案じております。



そして・・・ご報告が遅れましたが
ぱぱもワタシも・・・そしてノアもアッシュも無事です。



しかし、あまりにも大きな出来事。。。。。
今回の記憶は記録として書き留めたいと思います。
以下、長くなりますので
お時間のある方はお付き合いください。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


地震発生時、
ぱぱは近所の店へ仕入れの買い出し、
ワタシは別途、書店で買い物中でした。

TBS前の大型書店、
ちょうど取り寄せして欲しい本を問い合わせてもらっていて、
レジ脇で何気なく待っていると・・・本棚がカタカタ、カタカタ。。。。。

「地震だ・・・長い、外へ出ようか?」

本来、すぐに飛び出す方なんですが、
問い合わせてもらっていた最中なので、ためらっていると、
大きな揺れに変化。
同時に店内の本棚全部が大きく揺れ始め、
一気に叫び声と共に出口に向かうお客さんの束。

店長さんと思しき方がすぐに、

「扉を開けて!両方全部!!!
 お客様、皆さん外に避難してください!」

と、出口近くの店員さんに大声で指示され、
観音開きに一気に出口のドアが開き、
一緒にワタシも外に出ました。


地下がテラスになってる立地のせいかと思いますが、
そこは尋常ではない揺れ、
立っているのが難しく、目の前にある手すりにつかまりながら、

「・・・あ、ぱぱに電話しないと・・・。」

と、コートのポケットの携帯を取り出し、
すぐに電話をしました。

コールは鳴ったのですが残念ながら留守電に切り替わり、
もう一度、話したいと思いかけたら、2回目はすでに
『災害によりかかりにくく・・・』のようなアナウンスになってしまいました。
気付くと周りは皆さん携帯を手にし始めている・・・。

目の前の赤坂サカスや他のビルが揺れている・・・?
・・・実際にはよく覚えていないのですが、
そちらを指さして悲鳴をあげている女性、
大声で叫ぶ男性・・・・・付近はパニック状態でした。
・・・・・尋常じゃないかもしれない・・・?
リアル感のない現実に頭がついていけません。


そのうちに揺れが収まり、はっと我に返った時に

「ぱぱはこの街の近くにいるのだからおそらく大丈夫。
 ・・・・・ノアとアッシュは!」

と、思った途端、家に向かって走り出しました。

家に向かう約10分の間、
通りにはオフィスや店から飛び出してきた人達でびっしり、
人々の指さす所には、ヒビで地面が割れている土台などが・・・。


走ったり、走り歩きをしたりしている中、
ひっきりなしにぱぱに電話をしていると、
一度だけコール→留守電に切り替わったので、
『地震の時は店ではなく書店に居て無事なこと、今から自宅に向かうこと』
を録音しました。




マンションに着き、一気に3階まで駆け上り、
扉を開けたら・・・・・絶句しました。

脱走防止のため設置している中扉が全部開いていて、
脇に置いていたロングの靴箱が倒れて
目の前に斜めに入口をさえぎっている状態。

足元は扉から飛び出した靴でぐちゃぐちゃ、
ずっと声をかけ続けても、全然姿を現さないノアとアッシュ・・・。

今考えると火事場の馬鹿力で、
靴箱を一気に持ち上げて中に入ると、
更にキッチンの扉も開き、中の物が散乱、
きっとコタツにいる筈だ!と思って入った部屋の中も
本や物が散乱・・・。

「ここは酷い揺れだったんだ・・・・・。」

嫌な気持ちになりながらも、
コタツをあけたら、そこにはアッシュが!
その奥にもノアが見える?・・・かと思ったらアッシュのみ。
こわばって全く動かないので、まずは声を掛け、
今度はノアを探しに寝室など至るところを
名前を呼びながら探すも姿見つからず・・・。


すると、玄関から鍵の音!
ぱぱが帰って来ました。


留守電を聞く前に、
店に戻ってワタシの安否を確認しに戻った所で留守電を聞き、
あわてて自宅に戻って来たとのこと。

お互いにそんな話をしながら、ノアがいない、
と伝えていると・・・・・寝室の方からノアが!

「・・・ああ・・・・・良かった・・・。」

ぐちゃぐちゃの部屋の中で、
思わずへたへたと座り込みました。




ひとまず、どういう状況なのかとテレビを付けると・・・・・
その段階でも酷い地震だったことが理解出来ました。

いったん座って頭をクールダウンさせながら、
これは安全性を第一に今日はお店の営業はすべきでない、
との結論に至り、
ワタシはこのまま自宅に残る、
そして、ぱぱはいったんお店に戻り、
金庫や荷物(なにしろユニフォームにコートを羽織っただけ・・・)
を持ちかえる、
そして何より・・・店の状態を確認して閉めて帰って来る、
ことになりました。


そうして、ぱぱを見送った矢先の一分後くらいに、
また激しい揺れが・・・・・!

「・・・どうしよう、コワい・・・・・」

2にゃんと一緒に避難したい、
でもキャリーバックを取り出しにいこうにも
揺れで歩けない・・・・・と、
パニくっているところに、ぱぱが戻って来ました。


すぐにキャリーを取ってもらい、
暴れまわる2にゃんを何とか入れて、
カートも一緒に持ち出して外に。



家の近所は比較的、一軒家やマンションが多いのですが
小規模な会社も多数あり、
そこから出てきて茫然としている方々が大勢いました。

騒然とはしているものの、
周りに人がいると少し安心、
安全そうな場所で2にゃんと一緒に
ぱぱが戻って来るまでそこで待つ事にしました。


待っている間、
ワンセグでニュースを見ていると、
どんどんと全国の様子が分かってきました。

毛布を持ちだしてキャリーにはかけているものの、
寒そうなのと不安そうな2にゃん・・・。

小一時間ほどでぱぱが戻って来て、
揺れも収まっているようなので
一緒に自宅に戻って、
今度はお店の様子を聞きました。


有難いことに、覚悟していたグラスや食器の破損も全くなく、
店舗内のディスプレイも
キャンディーBOXがひとつ落ちていただけ(しかも割れておらず!)
・・・奇跡の様な状態でした。

その後、一階のお店の店長さんに聞いたところ、
結構、破損されたとのこと、
そして友人の店でもグラスやボトルの落下・破損があったとのこと。
半地下のウチのお店は意外なことに大丈夫でした。


その後もテレビのニュースで事態が分かってきたので、
土曜日の営業もすべきではない、と判断しました。



その夜の2にゃんは、ぐったり。
相当な揺れに驚いたショックと、避難していた一時間の疲れ・・・。
特にアッシュはひと時もワタシの側を離れようとしませんでした。


夜中じゅう続く余震、
眠りについても、時々ハッとし、
寝不足で起きた今日・・・そんな一日でした。





・・・でも、
そんな今日は、それ以上に心を痛める
この世のものとは思えない映像の数々・・・・・。


被災地で被害に遭われ、
心もとない日々を送っている方々、怪我をされた方々の
お見舞いを心より申し上げたいと思います。

そして・・・お亡くなりになった方々のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。



仲良くしていただいているブロ友さんの中に
被災地にお住まいの方はたまたまいらっしゃいませんが、
でも、その方の実家は?ご友人は?
そして、その方のブロ友さんは?・・・と思うと
案じられてなりません。



そして・・・・・ここまでの非常事態。
被災地の復興はもちろんのこと、
既に始まっている株価の暴落、
経済不安・・・と、
商売をやっている私たちは正直、不安な気持ちも持ち合わせています。


でも、
一日経って、ようやく落ち着いてきた2にゃんを見ていると
家族がこうして一緒に居られるだけでも
なんて幸せなことなんだろうと、改めて実感します。




これから復興まで
みんなそれぞれが大変な思いで過ごしていくことと思います。
力を合わせてみんなで頑張っていけることを望みたい・・・です






blogram投票ボタン

このページのトップヘ