とうとう来週になっちゃった。。。
と、
少々センチメンタルになってます。

と言うのは、
来週の月曜の7日に入院、8日に手術をするから。

去年の11月にちょうど港区の検診を受ける直前に重度の貧血になり、
検査の結果、子宮筋腫があることが判明。
紹介状を書いてもらい、慈恵医科大学病院へ。
その時点で3つの選択肢、【手術】【通院による治療】【経過観察】。

もちろん、3番目は無いので、
さぁどうするか、となったところ、
まずは【通院治療】を近くの病院で半年間受けることにしました。

鉄剤等の処方と、月一回の注射で様子を見ていましたが・・・
3か月目くらい経っても出血がおさまらず、もしかして?と思っていたら
やっぱり半年のワンクールの治療が終わっても改善せず、
どうしよう・・・と自分なりに悩んでいたところ、

有難いことにかわいがっていただいている常連のお客様に背中を押してもらえました。

その方も同じ症状で同じくらいの頃に手術されたそうです。
しかもお医者様の方。

「マダム、手術したら、もう全然楽よ〜!」

何だか気持ちがスッとして、すぐにパパに相談、
その後、主治医の先生にも相談したところ

「いい選択です。
半年間の治療期間は、手術への考える時間でもあったりするのです。
私もおすすめします。」
の安心の言葉。
そして再び慈恵医科大学病院へ。

6月に入った頃だったので、
お店が少しだけ暇になる8月に手術していただけるようにお願いし、
そこからは、手術に向けての術前検査を通院して受け、
見事に間に合い、かくて8日の手術となりました。

手術時間は3時間半くらい、とのことですこーしこわっ、って思いますが
麻酔で眠っているだけなので、もうここまできたらまな板の上の鯉です(笑)

それよりも一番不安なのは・・・入院期間の10日間。

最初は、甘えん坊のアッシュが3日目位で発狂しちゃうんじゃ?
ちゃんとパパからごはん食べるだろうか?
と、
ノアとアッシュのことが不安でしたが・・・

今は、自分がふたりと10日間も会えないなんて発狂するんじゃ?
って考えに〜(泣)

まぁ、考えてばかりいても仕方ないのですが。。。

家のこと、ふたりのこと、
いろいろとパパにお願いしなければなりませんので
今はとにかくせっせと細かく紙に書いております。

あとは、術前検査も済んでいるので
とにかくこのまま健康でいないと手術が予定通り受けられない、
ということなので、おとなしくして風邪もひかないようにしてます。

でも、手術が終われば、
痛みも出血も貧血もさようなら〜!

それを思うとがんばれる。

そして、この手術を機にいろいろと考えることも出来た。
入院中、そして退院後の自宅療養の時間は
よわい50過ぎて様々なことを考える、人生の夏休みなのかもしれない。


さてさて、
そんな訳で・・・
1noaash
10日間、パパの言うことを聞いて(特にノアちゃん!)
いい子でいてね。



にほんブログ村 
いつも応援ありがとうございます