猫がペロペロ毛づくろいをしている途中で
思わず舌を出しっぱなしにしている姿って
可愛いですよね〜♪
特に黒猫好きの方は、
その黒い毛と、
真っ赤な舌の色のコントラストがたまらない〜!!!
という方も多いのでは?



 




アッシュの場合は
とにかく夢中になって毛づくろいに集中のあまり、
次の動作に移っても、舌を出しっぱなしにしていたりします。


毛づくろいは寝ること、食べることに続き
猫の大切な毎日のイベントですよね。
朝、起きてはせっせと舐め舐め、
ゴハンを食べてはせっせと舐め舐め、
遊び疲れてはせっせと舐め舐め、
・・・時には、着地に失敗しての
ごまかし舐め舐めなんてのもありますが・・・!!??

自分の身体をきれいきれいに美しく保つ、
と同時に自分の匂いもせっせと付けて安心しています。
そして、時には人の手もせっせと舐めてくれたりします。

特にノアは一人っ子だった時代は
よ〜く、くまままの手を舐めてくれました。
当時はおそらくノアにとってのくまままは、
母親であったり、時には面倒見てやる猫だったのでしょう。
その舌はちょっとざらついていて、
感触に慣れるまでは少しヒリヒリしたものですが、
慣れてみると嬉しさでやみつき!?になりました。

飼い主の手を舐めるのは、
『毛づくろいしてあげるね!』の意味の他に、
自分の匂いをたっぷり付けて、
『これ(この人)私のものだからね!』と主張する為。。。
なんてのを知ってからは、
益々、ザラザラなんて何のその!ですね(´∀`)

あと、逆に猫を撫でた後に、猫が撫でられた後を
きれいにするかのごとくせっせと舐めても
『そんなに私の手が汚いんかい!』と思う必要はなくて、
それは、触った後を舐める事で、
身体に残っている飼い主の匂いを舐めながら、
自分の匂いとブレンドしながら身体に匂いを付けて安心する・・・・
という説も、思わず嬉しくなってしまいました♪

アッシュの舌は、
ノアよりもさらにもっとザラザラ感が凄いです!
かなり痛い、と言っていいでしょう v( ̄∇ ̄)v
ノアに比べて舐めない方ですが、
それでも舐めてくれる時は多少、
感覚的には『忍(ニン!)』ですが、
気持ち的には『喜(キャー!)』です☆








にほんブログ村 猫ブログへ 
↑ぽちっと猫パンチしてくれたら   嬉しいです♪